横浜銀行カードローンの増額審査とは?審査の流れを解説

申し込み時より属性URLPで有利!

今回は横浜銀行カードローンの増額審査について解説していきます。

横浜銀行カードローンの増額審査について
  • 横浜銀行カードローンの増額審査を受ける方法
  • 横浜銀行カードローンの増額審査に通るメリット
  • 横浜銀行カードローンの増額審査に「絶対に審査落ちする人
  • 横浜銀行カードローンの増額審査に「審査落ちしやすい人
  • 横浜銀行カードローンの増額審査の流れ

本記事をよく理解して、横浜銀行カードローンの増額審査を突破しましょう

増額審査のハードルは高い!2社目の申し込みも検討しよう

増額審査は初回審査よりもハードルは高いといえます。

審査に通過するか不安な人は、消費者金融へ申し込むことも検討しましょう。

銀行カードローンと比べた、消費者金融のメリットは3つ。

  • 即日融資に対応=申し込んだ当日中に借り入れOK
  • WEB完結なら自宅への郵送物をカットできる
  • 最大30日間の無利息期間サービスあり

急にお金が必要になった人や、家族に気づかれたくない人にオススメです。

横浜銀行カードローンの増額審査は自分で申し込む必要アリ

横浜銀行カードローンの増額審査は自分から申し込む

横浜銀行カードローンでは、増額案内のハガキなどは届きません。

増額審査を受けたいときは、自分から電話で申し込むことになります

そのため確実に”増額できる”と感じたタイミングで増額審査を受ける必要があるんですね。

下手に申し込んで落ちてしまうと、逆に限度額が下がってしまう可能性すらあります。

横浜銀行カードローンの増額審査を有利にするカギは”随時返済”

随時返済をすれば増額審査で有利!

通常のカードローンでは増額案内が届くために、随時返済の活用は必要不可欠です。

案内がない横浜銀行カードローンでも、随時返済しているかは増額審査の大きなポイント。

随時返済を活用すると「お金に余裕がある」と判断されやすくなります。
その結果、横浜銀行側は「もっとお金を貸したいな」と判断してくれるんですね。

いつも返済日を忘れてしまう方や、現在延滞中の方は100%増額審査には通りません。

また随時返済は活用するほど、利息は減少 & 完済までの期間が短縮します。
具体的な利息総額の差は以下の通り。

借り入れ額
(金利は年14.6%)
約定やくじょう返済のみの
利息総額
随時返済
(3,000円)での
利息総額
20万円
約定やくじょう返済額4,000円)
109.980円
(返済期間:78ヶ月)
47,219
(返済期間:36ヶ月
30万円
約定やくじょう返済額6,000円)
165,002円
(返済期間:78ヶ月)
87,056
(返済期間:44ヶ月
40万円
約定やくじょう返済額8,000円)
220,024円
(返済期間:78ヶ月)
131,335
(返済期間:49ヶ月

※お借入限度額が100万円以下の場合

今後将来的な増額を狙う場合も、随時返済を意識的に行うことをオススメします。

随時返済=余裕のあるときに行なう返済

カードローンの返済には2つあります。

  • 約定やくじょう返済・・・毎月の決まった返済日に行なう返済
  • 随時返済・・・約定やくじょう返済とは別に行なう追加の返済

随時返済は、必ずしなければいけないものではありません

「必ず行なうのが約定やくじょう返済」「余裕のあるときに行なうのが随時返済」と覚えておきましょう。

横浜銀行カードローンの増額審査に通るメリット

利用限度額は引き上げ、金利は引き下げ、他社への申し込み時には有利に!

横浜銀行カードローンの増額審査に通るメリットは3つあります。

横浜銀行カードローンの増額審査に通るメリット
  1. 利用限度額が上がる
  2. 金利が下がる
  3. 将来的に信用が高まる

増額(増枠)のメリット①:利用限度額が上がる

お金の使い道が増えると、人生を充実させられます。

利用限度額の引き上げは、今より多くのお金を借りれるということ

  • 資格を取るための学費
  • 海外旅行に行く資金
  • 自動車ローンの頭金

借りれる金額が増えれば、それだけお金の使い道も広がりますよね。

横浜銀行カードローンは、最短翌日で増額OKです。

緊急でお金が必要になっても、すぐに対応しやすくなります。

横浜銀行カードローンで限度額を引き上げて、ライフスタイルを充実させましょう

増額(増枠)のメリット②:金利が下がる

横浜銀行カードローンの、利用限度額ごとの適用金利は以下の通り。

利用限度額 適用金利
1,000万円 年1.5%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
500万円超600万円以下 年4.5%
400万円超500万円以下 年4.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
100万円超200万円以下 年11.8%
100万円以下 年14.6%

たとえば50万円の利用限度額が、110万円に増額されたとしましょう。

100万円以下の金利が年14.6%なので、金利を2.8%下げられます

利用限度額の引き上げにより、金利が下がるメリットは2つ。

  • 利息を抑えられる
  • 完済までの期間が早まる

金利が下がればそれだけ、毎月返済する元金に上乗せされる利息を減らせます。
その結果、追加で借り入れをしない限り、完済にたどりつくのが早まるんですね。

ただし増額された利用限度額が100万円以下の場合、適用される金利は年14.6%のままです。

新しい利用限度額が100万円超でないと、金利は下がらないので注意してください。

増額(増枠)のメリット③:将来的な信用が高まる

信頼があれば他社でも有利になる!

横浜銀行カードローンの保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社。

横浜銀行カードローンの増額審査に通ると、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が審査を行なう他社カードローンの審査で有利になります。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が、保証する主なカードローンは以下の通り。

  • 三井住友銀行カードローン
  • プロミス
  • PayPay銀行 カードローン
  • 住信SBIネット銀行MR.カードローン

いずれかを利用するときに、保証会社は「過去に増額した=信用できる」と判断されやすくなります。
結果として新規申し込みの審査で優遇される可能性大。

将来お金を借りやすくするためにも、増額審査はぜひ突破したいところです。

保証会社が必要な理由は2つ

カードローンにとって、保証会社が必要な理由は主に以下の通り。

  1. 利用者の貸し倒れを防ぐため
  2. 銀行系カードローンは審査のノウハウを持たないため

法律的な立場やカードローンの内情から、保証会社は重要な存在といえます。

必要な理由①:利用者の貸し倒れを防ぐため

カードローンにとって一番こわいのはズバリ、利用者への貸し倒れです。

利用者が自己破産などを行なった場合、カードローンは貸したお金を回収できません

そのためカードローンは保証会社に申込者を審査・保証させます。

結果として利用者が返済不能になっても、カードローンは貸したお金を保証会社へ請求できるんですね。

保証会社の存在は、カードローン側のリスクに備えていることがわかります。

必要な理由②:銀行系カードローンは審査のノウハウを持たないため

銀行がお金を貸す先として、メインとなるのが法人です。

そのため銀行系カードローンはお金を貸すにあたり、個人を審査するノウハウを持たないのが現状

しかし申込者の審査をしなければ、お金を貸すにあたってリスクが大きいものです。

そのため銀行系カードローンには、保証会社の持つ審査システムは必要不可欠といえます

なお消費者金融は申込者の審査を独自で行なってきたため、現在では多くの業者が銀行の傘下になりました

保証会社=カードローン利用者の保証を請け負う会社

申し込むカードローンが違っても保証会社は同じことは珍しくありません。

注意したいのが保証会社が審査を請け負う、他社カードローンで延滞を起こした場合です。

その保証会社が担当するカードローン審査は、大きく不利になるので注意しましょう。

横浜銀行カードローンの増額審査に「絶対に審査落ちする人」

利用実績がないor延滞や金融事故の経験があると審査には絶対に通らない

横浜銀行カードローンの増額審査で「絶対に審査落ちする人」は以下の3つ。

横浜銀行カードローンの増額審査に「絶対審査落ちする人」
  1. 横浜銀行カードローンでの返済実績がない
  2. 新規契約時から1日でも延滞している
  3. 新規契約時から金融事故を起こしている

いずれか1つにでも該当していれば、横浜銀行カードローンの増額審査には通りません。
自分は当てはまっていないか、一度確認しましょう。

絶対に審査落ち①:横浜銀行カードローンでの返済実績がない

横浜銀行カードローンを、最低6ヶ月は利用しよう
【返済実績がないとなぜ審査落ち?】
お金をきちんと返せる人か判断できないため

増額審査に通るには、新規契約時よりも返済能力が向上しているかがカギ
(返済能力=借り入れ額を完済する能力のこと)

人にお金を貸した翌日に「もっと貸して!」と言われてもイヤですよね。
それは横浜銀行カードローンにしても同じことです。

新規契約の直後に増額審査を受けても、返済実績がないために増額は見込めません

目安として横浜銀行カードローンを最低でも6ヶ月は利用して、返済実績を作りましょう。

絶対に審査落ち②:新規契約時から1日でも延滞している

横浜銀行カードローンの返済1日でも延滞したらアウト
【1日でも延滞するとなぜ審査落ち?】
延滞=貸し倒れのリスクありと判断されるため

毎月の返済に遅れない=約束の期日を守れることは、増額審査に通るための絶対条件。

横浜銀行カードローンの返済を1日でも遅れたら、増額審査には通りません

延滞した人にお金を貸すことは、貸し倒れのリスクが大きいためです。

うっかり忘れでも延滞のないように、引き落とし口座の残高には常に気を配りましょう。

絶対に審査落ち③:新規契約時から金融事故を起こしている

金融事故を起こすと、最長10年は横浜銀行カードローンの増額審査には通りません
【金融事故を起こすとなぜ審査落ち?】
金融事故は返済能力がない人が起こすから

金融事故に当てはまる行為の一例は以下の通り。

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理

そもそも金融事故は、返済能力が落ちている人が起こしている場合がほとんど。

利用限度額の増額どころか、利用限度額を引き下げられることもありえます。

金融事故を起こすと長くて10年間は、多くのカードローンの審査に通りません

当然、横浜銀行カードローンでの利用限度額の引き上げはあきらめるべきです。

どうしてもお金を借りたい人は、フクホーアローといった中小消費者金融での新規借り入れを検討してみましょう。

横浜銀行カードローンの増額審査に「審査落ちしやすい人」

年収・雇用形態・他社借り入れの属性が下がると、審査には通りにくい

横浜銀行カードローンの増額審査に「審査落ちしやすい人」は以下の通り。

横浜銀行カードローンの増額審査に「審査落ちしやすい人」
  1. 年収が下がっている
  2. 雇用形態がレベルダウンしている
  3. 他社借り入れ状況が悪化している

1つでも当てはまっていれば、増額はできない可能性が高いです。

上記のいずれかの項目に自信がない人はムリをせず、増額審査を見送りましょう

審査落ちしやすい①:年収が下がっている

年収は返済能力に直結する
【年収が与える増額審査への影響】
年収が下がっていれば不利

利用者の年収は、ダイレクトに「返済能力」として判断される項目です。

新規契約のときと同じく、増額審査でも重要視されるので把握しておきましょう。

なので新規契約のときより年収が下がっていたら、増額審査では不利です。

逆に昇給後に増額審査を受けると、突破できる見込みは大きくなるといえます。

審査落ちしやすい②:雇用形態がレベルダウンしている

雇用形態によって、増額審査への影響は変わる
【雇用形態が与える増額審査への影響】
公務員>正社員>契約・派遣社員>パート・アルバイト>個人事業主

転職や独立で新規契約のときより、雇用形態がレベルダウンしていたら要注意

特にアルバイトの人は、正社員に比べて離職の可能性が高いので増額審査では不利です。

また個人事業主の人は「毎月の給料が不安定=貸し倒れのリスクあり」と判断されます。

新規契約時から個人事業主に変わった人は、ビジネスローンへ申し込みましょう。

審査落ちしやすい③:他社借り入れ状況が悪化している

他社借り入れ件数・金額の増加は、増額審査で不利
【他社借り入れ状況が与える増額審査への影響】
金額・件数いずれかでも増えていたらマイナス

増額審査では、他社借り入れ件数・金額は少ないほど有利です。

新規契約時よりも、他社借り入れ件数・金額が増えている場合は注意してください。

横浜銀行カードローンに「増額しても返済できなさそう」と思われます。

完済が間近なカードローンは、随時返済を活用して完済+解約を済ませましょう。

横浜銀行カードローンでの増額審査の流れ

増額審査のステップは、他社とあまり変わらない

横浜銀行カードローンの増額審査の流れは以下の通り。

横浜銀行カードローンの増額審査の流れ
  1. 増額審査の申し込み(電話)
  2. 必要書類の提出
  3. 在籍確認
  4. 審査結果の通知
  5. 増額&追加融資

利用限度額を引き上げたい人は、流れをしっかりと予習しておきましょう。

増額審査の流れ①:増額審査の申し込み(電話)

 

横浜銀行カードローンへ電話をかけて、増額したい旨を伝えます

ネットからの申し込みは、受け付けていないので注意してください。

増額審査に申し込むための、電話連絡先は以下の通り。

電話での申し込み先 電話番号 受付時間
横浜銀行カードローン受付センター 0120-458-014 【平日】
9: 00~20:00
【土・日・祝日】
9:00~17:00
(12/31~1/3は休業)

フリーダイヤルなので、通話料金はかかりません。
年末年始以外なら、土日・祝日でも増額の申し込みもOKです。

電話のあとは、必要書類を送るためのSMSがスマホに受信
(SMS=電話番号でショートメッセージをやり取りするサービス)

そのため電話番号が変わった人は、新しい番号を忘れずに伝えましょう。

増額審査の流れ②:必要書類の提出

スマホ1台で書類の提出OK!

スマホに送られてくるSMSへ、必要書類の画像データを送信します。

一般的なカードローンでは増額審査の際、提出する書類は収入証明書類のみ。
しかし横浜銀行カードローンでは、本人確認書類も必要なので注意が必要です。

本人確認書類
(いずれか1点)
収入証明書類
(いずれか1点)
①運転免許証【表面・裏面の両面】
②マイナンバーカード(個人番号カード)【表面のみ】
③在留カード(永住権の記載があるもの)・特別永住者証明書
④パスポート(住所記入欄があるもの)【顔写真および住所記載のページ】
⑤パスポート(住所記入欄がないもの)【顔写真ページ】+住民票または公共料金等の領収書の写し※1
⑥健康保険証※2+住民票または公共料金等の領収書の写し※1※1現住所の記載があるもの
※2お名前・現住所および被保険者・被扶養者のページ、カード型の場合は表面・裏面の両面
源泉徴収票
(勤務先の会社名の記載のあるもの)
納税証明書
(税務署の発行印があるもの)
確定申告書
(税務署の受付印があるもの)
住民税決定通知書
(市区町村の発行印があるもの)

※1現住所の記載があるもの
※2お名前・現住所および被保険者・被扶養者のページ、カード型の場合は表面・裏面の両面

本人確認書類は、氏名・住所・生年月日が記載されている面を撮影・提出。
有効期限内のものであるかも、忘れず確認してください。

また収入証明書類は、勤務先や税務署などの発行印があるものが有効です。

なお外国籍の人は、在留カード or 特別永住者証明書を忘れずに提出しましょう。

増額審査の流れ③:在籍確認

 

新規契約時と同じ職場で働いていても、在籍確認は必ず行なわれます

新規契約の審査時と同じく、在籍確認の方法は職場への電話連絡などになります。

増額審査の流れ④:増額審査&審査結果の通知

増額審査の結果は電話で通知される

在籍確認までの流れを済ませれば、増額審査は自動的に実施されます。

増額審査の実施時間は、横浜銀行カードローン受付センターの営業時間と同じ
(平日:9: 00~20:00・土日祝日:9:00~17:00)

審査結果の通知までの時間を問い合わせてみました。

回答は「早ければ最短で翌日に電話でお知らせいたします」とのこと。

スマホは常に手元に置いて、いつでも電話をとれるようにしておきましょう。

増額審査の流れ⑤:増額(増枠)& 追加融資

増額されていることを確認しよう

増額審査に通ったら、通知があった日から利用限度額が引き上げられます。

利用限度額がいっぱいだった場合でも、増額分は新たにキャッシングOKです。

増額審査をクリアしても、追加融資を受ける方法は今までと変わりません

  • ATMによる借り入れ
  • <はまぎん>マイダイレクトによる振り込み融資
    (インターネットバンキング)

返済について詳しく知りたい人は、以下の記事をご参照ください。

-この記事を監修してくれたファイナンシャルプランナー-
大泉稔先生

大泉 稔(おおいずみ みのる)先生

ファイナンシャルプランナー

【実績】
大泉1級FP技能士事務所 主宰
株式会社fp ANSWER 代表取締役
資格】
NPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会 CFP(R)認定者
NPO法人確定拠出型年金教育・普及協会 DCアドバイザー
NPO法人金融知力普及協会 金融知力インストラクター
1級FP技能士
1種証券外務員
生命保険大学課程
貸金業取扱主任者

詳しくみる

関連記事

10秒で借入診断
シミュレーション

たぬき博士の お借入診断シミュレーション

借入が可能かどうか、結果がすぐにわかります。
「年齢」「雇用形態」「収入」「他社借入総額」などをご入力、「診断する」ボタンを押してください。

年齢
雇用形態
収入
他社借入総額

診断結果

OK!

こちらの消費者金融からお借り入れ可能だと思われます。
プロミスなら最短即日融資・最大30日間金利0円で借り入れ可能です。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

OK!

こちらの消費者金融からお借り入れ可能だと思われます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

OK!

主婦の方は、こちらでお借り入れできる可能性がございます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

NG!

お借入・ご融資は難しいと思われます。

×CLOSE