プロミスの利息の安さは銀行並みって本当?

カードローンで最初に適用されるなら最高金利

カードローン選びで重要な金利。

できることならプロミスを低い金利で利用したいですよね。

プロミスには「無利息期間」があり、この無利息期間によってプロミスの利息は見かけよりもずっと安くなります

※無利息期間の適用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

正直、プロミスの金利ってどのくらい?他社と比較してみた

カードローンで最初に適用されるなら最高金利

プロミスと他社の金利を比べる時には「最高金利」に注目します。

初めてカードローンを利用する場合、最高金利がつくケースが多いからです。

 会社名  金利
 プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
静岡銀行 年4.0%~14.5%
みずほ銀行 ※年2.0%~14.0%

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げます。
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

表を見てみるとプロミスは同じ消費者金融の中では低めであることがわかります。

ただどのくらい借りるかによって適用される金利も変わるので、次は借り入れ金額ごとにもう少し細かく切り込んでいきます。

  • 10万借りた場合
  • 30万借りた場合
  • 50万借りた場合
  • 100万借りた場合

イメージしやすいように、利息合計や返済総額も他社と条件を合わせて表にしました。

10万借りた場合
 会社名 適用金利 利息合計 返済総額
 プロミス 年17.8% 26,316円 126,316円
アコム 年18.0% 26,637円 126,637円
SMBCモビット 年18.0% 26,637円 126,637円
アイフル 年18.0% 26,620円 126,620円
静岡銀行 年14.5% 21,152円 121,152円
みずほ銀行 年14.0%※ 21,113円 121,113円

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げます。
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

30万借りた場合
 会社名 適用金利 利息合計 返済総額
 プロミス 年17.8% 89,345円 389,345円
アコム 年18.0% 90,431円 390,431円
SMBCモビット 年18.0% 90,431円 390,431円
アイフル 年18.0% 88,683円 388,683円
静岡銀行 年14.5% 71,736円 371,736円
みずほ銀行 年14.0%※ 71,381円 371,381円

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げます。
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

50万借りた場合
 会社名 適用金利 利息合計 返済総額
 プロミス 年17.8% 197,918円 1,197,918円
アコム 年18.0% 195,756円 1,195,756円
SMBCモビット 年18.0% 195,756円 1,195,756円
アイフル 年18.0% 251,057円 1,251,057円
静岡銀行 年14.5% 165,456円 1,165,456円
みずほ銀行 年14.0%※ 159,938円 1,159,938円

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げます。
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

100万借りた場合

100万を超えると適用される金利が全て下がり、プロミスでは年15.0%で利用できるようになります。

 会社名 適用金利 利息合計 返済総額
 プロミス 年15.0% 350,858円 1,350,858円
アコム 年15.0% 350,858円 1,350,858円
SMBCモビット 年15.0% 350,858円 1,350,858円
アイフル 年15.0% 371,743円 1,371,743円
静岡銀行 年14.5% 307,920円 1,307,920円
みずほ銀行 年12.0%※ 300,162円 1,300,162円

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げます。
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

カードローンの金利は最高金利が大事!「MAXで何%か」に注目すべき理由

どこのカードローン会社でも「▼%~△%」というふうに、金利には「幅」があります。このとき、実際に適用されるのはどちらの金利…

最短1時間融資!プロミスの公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
申し込みから最短30分で審査結果を受け取れます。

プロミスは30日間の無利息期間つきでさらにおトク!

はじめての利用ならば無利息期間がつくプロミスを初めて利用する場合、30日間の無利息期間がついてきます。

※無利息期間の適用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

  1. 1ヶ月以内に完済できれば利息ゼロ
  2. 返済総額を少なくできる

金利だけを見るとそこまで低く見えないプロミスも、無利息期間を上手く使うことで低金利のカードローンよりおトクに利用できます。

プロミスの無利息期間を利用する方法

無利息期間を利用するにはプロミスと契約してから3ステップ踏む必要があります。

  1. メールアドレスを登録する
  2. 会員サイトにログイン
  3. 「書面受取方法登録・変更」で「WEB明細」を選ぶ

無利息期間が始まるのは初回借入れの日の翌日からなので、登録した瞬間すぐに始まることはありません。

メリット①:1ヶ月以内に完済すれば利息なし!

promise-interest-4

期間内に借入れを完済すると利息が全くかかりません

【10万円を1ヶ月で完済した場合の利息】

  • プロミス(金利年17.8%、無利息期間あり):0円
  • みずほ銀行(金利年14.0%※、無利息期間なし):2345円

※住宅ローンの利用で金利を年0.5%引き下げます
(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

プロミスより低金利のみずほ銀行と比べてみても、無利息期間があるプロミスの方が2,000円も利息が安くなっています

「給料日前で急きょお金が必要!」など、すぐに返済できる方なら低金利のカードローンよりも無利息期間があるプロミスに申し込みましょう。

メリット②:返済総額を安くできる

利息が1ヶ月分カットされるので支払う返済総額も少なくなります

また利息が発生しない分、返済額をすべて元金にあてられるのもポイント。

無利息期間がないカードローンで同じ金額を借りて同じ返済額を払った場合、元金にあてられるのはほんの一部です。

プロミスなら元金を多く減らせるため、無利息期間にたくさん返済していれば2ヶ月目にかかる利息をグッと低く抑えることができます。

プロミスは「30日間無利息サービス」と「ポイントサービス」で最大限おトクに利用しよう!

消費者金融プロミスは「30日間無利息サービス」あり。フル活用することで、銀行カードローンよりもおトクに利用できます。また…

プロミスで金利を下げるためのポイントは?

promise-interest-lower-1

プロミスでは金利はずっと固定されているわけではなく、交渉すれば下げてもらえる可能性があります

もし交渉するなら限度額の増枠も一緒に目指すようにしましょう。

限度額の大きさをそのままに金利を下げてもらうことはできないからです。

交渉を成功させるためのポイント
  1. プロミスから話を持ちかけてきたらチャンス
  2. 利用期間が長いほど要望が通りやすい
  3. 毎月の返済はしっかり守る
  4. 身の回りが何か変わったらプロミスに連絡する

ほとんどは日頃の行いにかかっているので、プロミスとトラブルを起こすのは絶対に避けましょう。

プロミスでもっと借りたい!増額審査の流れやポイントをわかりやすく解説

プロミスの限度額の秘密や、限度額を引き上げる増額審査について解説しています。たくさんお金を借りるために重要なのは、プロ…

ポイント①:交渉はプロミスから案内が来たタイミングがベスト

金利引き下げは増額案内時がチャンス

プロミスは「限度額を増額しませんか?」という案内を送ることがあります。

これが金利引き下げ交渉をする絶好のタイミングです。

案内が来るということは、プロミス側から優良顧客だと思われている証拠

プロミスはあなたのことを「良いお客さん」だと思っているので、ここで金利を下げるように交渉すれば成功しやすくなります

ポイント②:利用期間が長いほど有利

利用期間が長いほど信用が上がる

初めてプロミスを利用して半年以上経ってから交渉するようにしましょう。

プロミスでは利用している期間が長いほど信用度は高くなっていきます。

契約したばかりの時に交渉しようとすると「まだきちんと利用してくれる人かわからない」と思われて断られてしまいます。

ポイント③:毎月しっかり返済している

プロミスで金利を引き下げるためには延滞NG

たしかに利用期間が長いほど交渉に有利ですが、長く利用してさえいればいいわけではありません。

何回も返済を延滞していると「この人はいい加減だな」とプロミスから悪いイメージを持たれてしまう恐れがあります。

返済トラブルは信用を落とす原因です。

信用が命の金利引き下げ交渉では致命傷になるかもしれません。

将来的に金利を引き下げることを考えるのなら、毎月返済日までにしっかり返済するようにしましょう。

ポイント④:身の回りの変化はすぐプロミスに連絡しよう

こまめにプロミスへ電話すれば信用UP

身の回りに変化があった場合は、こまめにプロミスに連絡しておくと信用を上げられま

  • 引っ越して住所が変わった
  • 携帯電話の番号を変えた

住所や電話番号の変更は早めに伝えておかないと連絡がつかなくなりトラブルの元になる可能性があります。

プロミスと信頼関係を気づくためには、何事も連絡することが大切です。

  • 収入が上がった
  • 昇進・昇格した

またこれらの出来事は金利引き下げ交渉で大きくプラスに働くので、もし収入に関して何か変化があった場合にも連絡しておきましょう。

最短1時間融資!プロミスの公式サイトへ

上のボタンから公式サイトへすすみ、申し込み手続きをしましょう。
申し込みから最短30分で審査結果を受け取れます。

利用しだいでプロミスの利息はおさえられる!

たぬき博士
金利の低さではパッとしないように見えるプロミスじゃが、無利息期間を上手く使うと銀行カードローンよりもおトクに利用できるんじゃ!
たぬき博士
後で金利を下げてほしいと思ったら、交渉を成功させるために日頃からプロミスからの信用を積み上げておくんじゃぞ。

>>プロミスの無利息サービスについて再チェックする<<

-この記事を監修してくれたファイナンシャルプランナー-
志塚洋介先生

志塚 洋介(しづか ようすけ)先生

ファイナンシャルプランナー

行政書士として相続・遺言など民事を中心に業務を扱い
FPとして証券会社での経験を活かし資産運用や不動産関連のアドバイスやセミナーなど
幅広く業務を行っている。

詳しくみる

関連記事

10秒で借入診断
シミュレーション

たぬき博士の お借入診断シミュレーション

借入が可能かどうか、結果がすぐにわかります。
「年齢」「雇用形態」「収入」「他社借入総額」などをご入力、「診断する」ボタンを押してください。

年齢
雇用形態
収入
他社借入総額

診断結果

OK!

こちらの消費者金融からお借り入れ可能だと思われます。
プロミスなら最短即日融資・最大30日間金利0円で借り入れ可能です。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

OK!

こちらの消費者金融からお借り入れ可能だと思われます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

OK!

主婦の方は、こちらでお借り入れできる可能性がございます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

診断結果

NG!

お借入・ご融資は難しいと思われます。

×CLOSE